正に男のマシンと呼べるハーレーエンジン

ハーレーダビッドソンには、V型2気筒のエンジンが搭載されていることが特徴的ですね。

そして、それが時代の進歩と共にどんどん進化しておりハーレーダビッドソンに搭載されているエンジンも進化しています。

ハーレーの特徴的な現行モデル搭載のエンジンとは

ハーレーに搭載されているV型2気筒エンジンの現行モデルに搭載されているエンジンはTC96と言う名前のモデルですね。

このエンジンは、従来のパワーを持ったエンジンであると同時にエンジンの回転数が低い状態でも走行を可能にしているというところが特徴的ですね。

ハーレーは、エンジンのミッションギアが全て6速になっているのですがTC96というエンジンは6速に入れて走行する時でもトルクのパワーを引き出す事ができるので、非常に高いパワーを維持する事ができる、という特徴があるんですね。

このTC96というエンジンは、燃焼系に対して通常の4輪でも使われているインジェクションを導入しているので、エンジンの燃焼効率を上昇させることができたため回転数が低いままでも格子出力を得る事ができるハイパワー化に成功しているのです。

TC69の高性能なエンジンが生み出す恩恵

更に、このTC69に導入したインジェクションの恩恵はハイパワー化だけではありません。

インジェクション、という物はコンピューター制御をすることができるのでハイパワーでありながらも排気ガスの排出を抑えると同時に、燃費向上にもつながっているのですね。

なので、エコのことも考えつつ更にハイパワーでありながらも経済的にも優しいという非常に高性能なエンジンなんですね。

そして、TC96は従来のハーレーに搭載されているエンジンよりも排気量がアップしており、100CC近く増えているんですね。
なので、ストロークアップも可能になっているので、ハーレーのエンジンから感じられる鼓動を損ねる事なく出力をアップする事ができているんですね。

他にも、様々なパーツの軽量化によってエンジンのパワーをアップさせていることで感じる重量増加を抑える事もできています。

ハーレーは、正にパワーを求めるバイク乗りにとって魅力的であると同時に闇雲にパワーを増やしているのではないです。
ちゃんと、経済やエコのことも考えた機能美というところも向上化しているんですね。